Monthly Archives: Feb 2015

フィギュア撮影:憂、ミク

憂あたしが「フィギュア」と言ったら(略というわけで憂バストアップ全体像ちと背景が濃かったかもしれん。あとお顔にもうちょい光当てた方が。左斜め後ろからクリップオンストロボ、上からRIFAでフルフィル、右に白レフ、顔にスポット、という定番ライティング。レンズは60マクロ、絞りはF11、現像はちと露出と明度いじっただけ。手持ち撮影。あえて背中からメインあてて、朝日を後ろの窓から浴びて髪をまとめる的な。ストロボだと手持ちでいろいろ角度返られるからよい。ミクさん続いてミクさん。まずは天井の室内灯のみ。お顔...

スマイルプロジェクトの問題点と贈呈状況・会計報告についてのフォローアップ

概要と現状さて、白熱のソチオリンピックから一年が経ちましたが、その結果を受けて発足され、いろいろ問題を指摘されながらも進められた、とあるプロジェクトについてフォローアップしてみます。あまり楽しい話でもないので興味のない方はスルーして下さい。概要としては、「ソチで金メダルをとれなかった真央ちゃんにゴールドを越えるプラチナメダルを贈ろう!募金よろ」、というものです。メッセージ集や自作プロトコル()なども一緒につけたり、他の選手にも一応クリスタルメダルを贈ろうとかもありますが、それらは後付けのオマケで...

ランダムオーダー:スコアシートでのジャッジの表示順は選手ごとに異なるか?

選手ごとのジャッジの表示の並び順GPシリーズ、オリンピック、ワールドなどでは、「ランダムオーダー」が採択され、どのジャッジがどのスコア(GOE, PCS)を付与したかが明らかにされない。具体的には、オフィシャル発表でのジャッジ並び順と、スコアシートでの並び順は異なる。それでは、選手のスコアシートごとにジャッジに表示順は異なるのだろうか?あるいは縦軸は同一なのだろうか?関連:「ジャッジの匿名性」についてのまとめ(まとめ中) - 小高あたるの日記ランダムオーダーの定義Special Regulati...

「表現力」と表現技術:鈴木明子全日本2013ショートを例にとって

事例研究昨日「表現技術」についてお話しましたが、実例として鈴木明子選手のショート愛の賛歌を見てみたいと思います。素晴らしい演技なので解説するのも野暮なのですが、野暮を承知で。画質がいいのが消されてしまったので下記か、もしくは各自録画を御覧ください。曲の構成まず曲ですが、有名なシャンソンの名曲。愛の喜び、苦しい時でも愛さえあれば、そういった情熱か歌われてる曲です。形式としては典型的なABA'の三部形式で、印象的な長調での第一主題の提示(A1,A2)短調の第二主題(B1,B2)その後カデンツァを挟ん...

旧採点は相対評価?

よく「旧採点は相対評価」という言われ方をしますが、間違っているとはいえないものの、不十分なんですよね。というのは、「ジャッジは規定された採点基準を用いて演技の質を評価する(絶対ジャッジング)と共に、他のすべての選手の演技の質と比較する(相対ジャッジング)。」とあるので(2002年ルールブック409-1)、絶対評価もしつつ(例:2:劣るもの、4:良いもの、6:傑出したもの)、順位決定は順位点によって決定されるため、選手同士の比較も行う(相対評価)。マスターズパンフレットより引用:...

ロシア大会のリザルトで使用されているスピン、ステップのレベル特徴略語

ロシアのジュニアの大会のリザルトには、スピン・ステップで取得できたレベル特徴(の略語)が載っているようです。(62ページ以降)http://fsrussia.ru/files/docs/competitons/1415/junnat1415_protocol.pdf推量ですけど、略語と対応するであろう特徴をまとめてみました。スピン難ポジ系CammelCS: Camel SideCU: Camel UpwardCF: Camel ForwardSitSS: Sit SideSF: Sit Forw...