スピンの要求回転数

基本規定

まず3回転はしないとスピンと見做されず、「スケーティング動作」扱いになります。んじゃ3回転すればいいかというとそうではなく、後述する基本姿勢や最低回転数の規定があります。なのでどちらかというと3回転未満ならつなぎやコレオで回っていいよ、ということかな。 ちなみにバッジテストだと5回転以上です。

  • 基本姿勢:単一姿勢スピンならその姿勢、コンビネーションなら複数個、基本姿勢(ULSCいずれか)で2回転回らないとダメです。基本姿勢は二回転しっかりと。
  • 足換え要件:足換えの前後は、それぞれの足で3回転しないと足換えしたと見做されません。足変えはそれぞれ3回ずつ。
  • フライング規定: 着氷後2回転以内に基本姿勢形成、かつ2回転保持。できないとVがつく

プログラム規定

  • ショート:フライングスピンは6回転、コンビネーションは10回転。男子の単一は6回転、女子のレイバックは8回転
  • フリー規定:コンビネーションは10回転。それ以外は6回転。当然足換え規定や基本姿勢要件は有効です。

レベル特徴

  • チェンジエッジ:チェンジエッジ前後でそれぞれ2回転
  • 8回転:キャメル基本・シット基本・難ポジ・NBPで足エッジをかえずに8回転
  • ウィンドミル:3回転
  • レイバック追加特徴:サイド↔バック:それぞれ2回転、レイバック→ビールマン:レイバックで8回転