Directory: software

X11 Forwarding を利用してリモートホストからローカルのXに表示させる

概要大抵開発は vagrant上で出来るけど、ちょいと GUI 立ち上げたり 127.0.0.1:4321 をブラウザで確認したい時もあるので、X11 Forwarding でやってみる。ローカル上のターミナル:Cygwin64ローカル上のXサーバー:Xmingリモート先:CentOS6.4 on Vagrantローカル上のXサーバー:XmingCygwin/X でもいいんだけど、Xming で。からXming-6-9-0-31-setup.exe と Xming-fonts-7-7-0-1-s...

HEXO を vagrant 上で使ってみる

HEXO今まで middleman に手を加えてサイトを作ってたのですが、ビルドが遅かったりなんで HEXO を試してみたら速いしよさげ。インストール環境CentOS6.4 on Vagrantnvmを入れるcurl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.1/install.sh | bash~/.nvm/nvm.shnvm --version0.33.1$ $ $ node.js を入れるnvm install s...

(untitled)

から go1.8.linux-amd64.tar.gz を展開し go/bin に path を通す。-展開先は、/usr/local か、それ以外なら $GOROOT を設定https://golang.org/dl/git clone を入手し cd hugo; go gethttps://github.com/spf13/hugo...

TimeWithZone

とりあえず ActiveSupport の TimeWithZone 使っとけ。 require'active_support/core_ext/time/zones'Time.zone="Tokyo"t=Time.zone.parse("2011/1/1 0:0:0")putst.in_time_zone(7).strftime("%Y/%M/%D")Time.zone = “Tokyo” などと、parse 対象の tz を指定“GMT+9” はダメなので、9 と直接指定...

build status バッジをつける

バッジgithub 見てるとよく張ってありますね。travis - build: passテストが通ってるか調べてくれるの。各ruby のバージョンで rake test 回してくれて便利。.travis.yml に rvm:-2.2-2.1.0-2.0.0script:"bundle exec rake test"env:TEST=trueと書いて add, commit して git push。Rakefile に ...