jekyll bootstrap + github pages でブログ運用

概要

ローカルで markdown ガリガリ書いてローカルで確認、サーバーへアップロードまで CUI でサクサクできるのでよいです。軽いし。

jekyll 単体だといろいろ面倒なので、ブログ作成支援や bootstrap を使ったレイアウトなどがついてる jekyll bootstrap を使います。 動作を理解するためには、まず jekyll 単体を触ってみたほうがいいかもですが。

セットアップ

基本的には Jekyll Quick Start | ruhoh universal static blog generator に従えばいいのですが、一応ステップバイステップで。ローカルで動かす→サーバーで動かす、という順でいきます。

ローカルにjeklly-bootstrap のインストール

まず jekyll を入れます:

% sudo gem install jekyll

次に jekyll-bootstrap。git clone でローカルに持ってきます。username は自分のユーザ名に変えてください。

% git clone https://github.com/plusjade/jekyll-bootstrap.git _username_.github.io

そして、サーバー稼働:

% cd _username_.github.io
% jekyll serve
...
    Server address: http://0.0.0.0:4000/
  Server running... press ctrl-c to stop.

と出てくれば、 http://localhost:4000/ で動作が確認できます。そしたらgithub.io 上に持って行きましょう。

また、–port 3000 などとすればポートを指定できます。

github.io 上へインストール

まず、https://github.com/new から “username.github.io” というレポジトリを作成します。"Initialize this repository with a README" はチェックしなくてもよい。

そうしたら、remote repository として github.io を指定し、push します。パスワードを聞かれるので入力すること。url として https://username:password@github.com…. とすると省略できますが、非推奨。

% git remote set-url origin  https://_username_@github.com/_username_/_username_.github.io.git
% git push origin master
Password:

http://username.github.io で動作確認します。

設定

_config.ymlで、author: 以下の name, email などを適宜設定。

markdown は redcarpet にしとくと吉

title : A Sample Blog
author :
  name : Your Name
  email : your@mail.address.com
  github : username
  twitter : account_name

markdown: redcarpet
redcarpet:
  extensions: ["autolink"]

運用

運用形態としては、ローカルで *.md を編集→ ローカル上で確認→ サーバーへ push、という形になります。

ページの編集

あまり変更のない固定ページ。直下にabout.md などを作ると、about.html に変換してくれます。

% rake page name="about"

name=以下を省略すると “new-page” となります。

YAMLヘッダで group: navigation と追加すると、ナビゲーションバーに入れてくれます。

---
layout: page
title: "About"
description: ""
group: navigation
---
this is an about page.

ポスト

ブログの記事を編集、追加します。

rake post title="test"

とすると “_posts/2014-11-01-test.md” が作られるので、これを編集します。 title=以下を省略すると “new-post” になります。

ローカルで確認

–watch オプションをつけると、ファイルを変更すると自動的に再生成してくれます。 また、vagrant などで外で編集すると変更を検知してくれないので、–force_polling をつけます。 ラグがあるときは、明示的に “jekyll build” してしまってもよい。

% jekyll serve --watch --force_polling

サーバーへ push

ふつーに add, commit, push します:

% git add .
% git commit -m blog -a
% git push origin master

makefile で簡略化

いろいろタイプするのが面倒なので、makefile を作っておくと楽です:

build:
    jekyll build

cmt:
    git status
    git commit -m msg -a

push:
    git push origin master

serve:
    jekyll serve --watch --force_polling

serve –watch すると通知表示がうざいので、>/dev/null にしてもいいかも。

カスタマイズ

レイアウトの変更

{% raw %}

_layouts/default.html をいじくります。が、jekyll bootstrap だと _includes/themes/bootstrap-3/default.html を使うようになっているので、 これを直接いじくるか、コピーしてそっちをいじくります。

サイドメニューをつけたいので、default.html の {{ content }} あたりのを以下のように変更。xs, sm では表示しないように。

...
      <div class="container">
    <div class="raw">
     <div class="col-md-3 hidden-xs hidden-sm">
       {% include sidebar %}
     </div>
     <div class="col-md-9">
       {{ content }}
     </div>
    </div>
      </div>
    </div>

sidebar を _includes/ 以下に作ってそれを include してます。

sidebar ではカテゴリと最新記事を表示するようにしてます。category.html あたりからパクりました。

<h2>Category</h2>

<ul>
{% for category in site.categories %} 
  <li id="\{\{ category[0] \}\}-ref">{{ category[0] | join: "/" }}</h2>
  <ul>
    {% assign pages_list = category[1] %}  
    {% include JB/pages_list %}
  </ul>
{% endfor %}
</ul>

<h2>Recent Updated</h2>

<ul class="posts">
  {% for post in site.posts %}
    <li><span>{{ post.date | date_to_string }}</span> &raquo; <a href="{{ BASE_PATH }}{{ post.url }}">{{ post.title }}</a></li>
  {% endfor %}
</ul>

Pygments

コードの色分けはしたいですね。bootstrap3 には pygments が入っていないようなので、 ぐぐって出てきたのを assets/themes/bootstrap-3/css/pygment_trac.css に保存し、default.html に link を加えます。

...
    <link href="{{ ASSET_PATH }}/css/pygment_trac.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="all">

ウェブ上での編集

ローカルでの編集を想定してるので、ウェブ上での編集は想定されていないので、 prose.io を使う。あらかじめ登録しておく(authenticate するだけ)。

post.html にprose.io の編集画面へのリンクをはると便利。日付の隣につける:

    <div class="date">
      <span>{{ page.date | date_to_long_string }}</span>
      <span><a href="http://prose.io/#{{site.author.github}}/{{site.author.github}}.github.io/edit/master/{{ page.path }}"  target="_blank"><i class="glyphicon glyphicon-edit"></i></a></span>
    </div>

見出し番号

body {
 counter-reset:h1;
}
.content > h1{counter-increment:h1;counter-reset:h2;}
.content > h2{counter-increment:h2;counter-reset:h3;}
.content > h3{counter-increment:h3;counter-reset:h4;}
.content > h4{counter-increment:h4;counter-reset:h5;}
.content > h1:before{content: counter(h1) ". ";}
.content > h2:before{content: counter(h1) ". " counter(h2) ". ";}
.content > h3:before{content: counter(h1) ". " counter(h2) "." counter(h3) " "; }
.content > h4:before{content: counter(h1) ". " counter(h2) "." counter(h3) "." counter(h4) " "; }

トップで最新記事を表示

paco.jp » jekyllでトップページにsite.postsの最新記事を表示する を参考に:

% vi index.md
---
layout: default
---
{% include JB/setup %}

{% assign page = site.posts.first %}
{% assign content = page.content %}


{% include themes/bootstrap-3/post.html %}
% vi _layout/default.html
{% if page.url == '/index.html' %}
{% assign page = site.posts.first %}
{% endif %}
...
<link rel='canonical' href='{{site.root_url}}{{page.url}}' />
...

プラグイン

Tips

.emacs

iso-2022-jp だとエラーになるので、utf-8 に。

(set-language-environment "Japanese")
(set-default-coding-systems 'utf-8-unix)
(prefer-coding-system 'utf-8-unix)

参考文献

{% endraw %}